敏感肌のスキンケアは刺激を与えない事が重要

main-img

敏感肌のスキンケアは、とにかく肌に刺激を与えないという事が重要です。

化粧水を肌につける際、コットンを使いパッティングする方も多いでしょう。

パッティングした方がより化粧水に含まれる、保湿成分や美容成分が肌の奥に浸透するように感じますが、実はこのスキンケア法は敏感肌の方にとってはNGなのです。
肌が敏感になっているという時は、肌のバリア機能自体が低下しています。


健康な肌の状態であれば特に問題の無い、コットンのパッティングであってもバリア機能が落ちている時に行えば、大きな刺激となってしまいます。パッティングによる刺激によって、よりバリア機能が落ちてしまったり、ダメージでメラニン色素が作られやすくなり、シミやくすみを引き起こしやすくなるのです。

最近話題のおすすめの敏感肌スキンケアの専門サイトのこちらです。

せっかく肌を美しくしようと思って行ったスキンケアが、敏感肌をより悪化させたり、他の肌トラブルを招いてしまっては元も子もありません。

肌が敏感になっている時は、できるだけ刺激を与えないようにケアしましょう。



例えば、化粧水はコットンでのパッティングではなく、ハンドプレスで行う事をおすすめします。


手の平に適量の化粧水を出して、押し込むようにケアするのがハンドプレスの特徴です。
ハンドプレスであれば余計な刺激を肌に与える事なく、化粧水でケア出来ます。



この時、パンパンと顔を叩くようにしてハンドプレスしてしまうと、大きなダメージとなってしまうので、あくまで化粧水を押し込むような感覚で行いましょう。

売買の話

subpage1

敏感肌だと、肌に優しいスキンケアアイテムでもしみてしまうことがあります。それどころか、風が吹くだけでもヒリヒリするという場合もあります。...

more

身に付けよう

subpage2

肌に刺激になる成分として、アルコールや鉱物油などがあります。着色料や香料なども敏感肌にとっては刺激になることがあるので、注意が必要です。...

more

大人の常識

subpage3

敏感肌は生まれつきの場合がある一方で季節の変わり目などに一時的に敏感肌になる場合があります。こういった時のスキンケアに保湿は大切ですが、むやみに化粧水をつけると肌に染みる他、かえって刺激となってしまいます。...

more

耳より情報

subpage4

丁寧な洗顔と保湿をするのがスキンケアでは当たり前になっていますが、過剰なスキンケアは敏感肌を悪化させる原因になります。泡洗顔でしっかり洗い、保湿をしてメイクもしてというケアよりも、水だけで洗顔をして、何もつけずにタオルで拭き取り、あとはノーメイクかもしくは簡単なシンプルメイクを施すだけにとどめた方がいいです。...

more