敏感肌で辛い人のためのスキンケア

敏感肌だと、肌に優しいスキンケアアイテムでもしみてしまうことがあります。

それどころか、風が吹くだけでもヒリヒリするという場合もあります。これだけの重度の敏感肌の場合は、まずは肌の立て直しが必要です。
少しでも刺激を避けるために、顔はぬるま湯だけで洗顔するようにしましょう。

ぬるま湯は少し冷たいと感じるくらいがベストです。

おすすめの敏感肌の化粧水の情報サイトへお越しください。

だいたい30〜35度くらいだと肌に刺激を与えずに洗えます。

水だけだと汚れが落ちないように感じますが、垢や埃は水だけで落とせます。
皮脂が残りそうと思うかもしれませんが、皮脂は自家保湿因子で、最強のスキンケアアイテムです。

天然でありながらどんな高級な保湿剤も真似できないほどの威力を持っているので、無理に洗い流さないようにしましょう。



敏感肌の人は少しくらい皮脂を残すくらいのスキンケアがちょうどいいです。



顔を洗うときには熱いお湯は皮膚を落としすぎてしまうのでNGですが、冷たすぎる水も避けた方がいいです。


急に肌を冷やすと乾燥しやすくなります。
体温よりも少しぬるい30〜35度のぬるま湯で顔を洗うのがベストです。
冷水だと毛穴が引き締まって美容に良いというイメージがありますが、引き締まっている感じがするのは洗顔後だけで、その後は元に戻ってしまいます。
洗顔の時間の目安は1〜1.5分くらいで、時間をかけすぎないようにするのがポイントです。


さっと洗って肌への刺激を最小限に抑えて状態を回復させましょう。