敏感肌のスキンケアを見直す

丁寧な洗顔と保湿をするのがスキンケアでは当たり前になっていますが、過剰なスキンケアは敏感肌を悪化させる原因になります。

泡洗顔でしっかり洗い、保湿をしてメイクもしてというケアよりも、水だけで洗顔をして、何もつけずにタオルで拭き取り、あとはノーメイクかもしくは簡単なシンプルメイクを施すだけにとどめた方がいいです。

暮らしを豊かにしてくれる敏感肌のクレンジングのおすすめ関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

シンプルなメイクであれば、お湯だけで洗い流すことができるので、肌に刺激を与えずに済みます。



クレンジングは界面活性剤の成分のせいで、肌にダメージを与えてしまいます。
できれば、シャワーや泡洗顔なども無しにして、入浴とお湯だけ洗顔で済ませた方が刺激が少ないです。

その後保湿に時間をかけるよりも、美肌のためにははやく寝た方がいいです。

何もつけない方が天然の皮脂膜が再生して肌を自然にしっとりさせてくれるので、肌の回復がはやくなります。

敏感肌だとスキンケア用品を選ぶのにも一苦労ですが、シンプルなスキンケアを心がけて、できるだけ自分の皮脂膜で対処するということを意識しましょう。
メイクはしない方が肌には優しいですが、ノンメイクだとちょっと困るというのであれば、パウダーとポイントメイクだけするといいです。
洗顔後に何もつけないと乾燥がひどいという場合は、応急処置としてワセリンをつけてみましょう。ワセリンは敏感肌やアトピー肌の人でも使えます。

厚く塗る必要はなく、薄く塗ればOKです。


塗りすぎたらティッシュで押さえて拭き取りましょう。