敏感肌用のスキンケア用品選び

肌に刺激になる成分として、アルコールや鉱物油などがあります。

着色料や香料なども敏感肌にとっては刺激になることがあるので、注意が必要です。


敏感肌の人のスキンケア用品は、基本的に肌バリアが未熟な赤ちゃんの肌でも使えるものが適しています。


赤ちゃん用のものであれば低刺激に作られているので、迷ったら使ってみてもいいでしょう。また、刺激に対してのテストをちゃんと行っているかどうかも確認しましょう。

敏感肌の化粧品ランキング情報のお得な利用法をお教えします。

低刺激なスキンケア用品は無添加などと記載されていますが、無添加の基準は決まっていないので、中には敏感肌に影響を与えるものが混ざっている可能性もあります。

その場で確認できるテスターがあるならば、自分の肌でパッチテストしてから買うと安心です。
二の腕の内側は肌の刺激が出やすい場所なので、ここにスキンケア用品をつけてみて影響がないかどうか確かめてみましょう。
ただし、このパッチテストの正確な判断は24時間後まで待たないとわかりません。
24時間経ってかゆみや炎症などの症状が現れなければ、使っても安全です。



できるだけ配合成分がシンプルなものが安心です。

配合量が多いとどの成分が自分の肌に影響を与えているのかわからないので、配合成分の種類が少ないものを選ぶようにしましょう。

低刺激で、さらに保湿力が高いものが敏感肌のスキンケアには適しています。
保湿さえしっかり行えば、刺激に弱い肌が徐々に回復して潤っていく可能性もあります。